錆鉄に溶断で文字を抜いて作った下げ看板

錆鉄に溶断で文字を抜いて作った下げ看板 愛知の「庭職 一景」さんの庭に付けられる鉄の下げ看板です。

サビ板を溶断で文字を抜いています。
溶断は熱がじんわりかかるので、周囲の赤錆が還元して色が変わります。
これは恒久的な変化ではなく、いずれはまた周囲の錆と同化してしまうのですが、焼き物の窯変のような雰囲気があっていいものですよ。
手作業ならではという気がします。
ツルは、一部分だけひねりを入れてアクセントとしました。
全体がシンプルなので、やり過ぎないように考えたデザインです。